アクション

2014年10月29日

「生涯ハケン」押しつけ 派遣法改悪案審議入り 高橋議員が批判


今国会の重要法案として注目の労働者派遣法改悪案が28日の衆院本会議で審議入りしました。質問に立った日本共産党の高橋ちづ子議員は、臨時的・一時的な業務に限定するという派遣労働の原則を覆すものだと批判。「労働者に『生涯ハケン』を押しつけ、不安定雇用と貧困を広げる改悪案は廃案しかない」と主張しました。

 

高橋議員が批判

「しんぶん赤旗」日刊紙2014/10/29付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。

 

28日の衆院本会議で審議入りした労働者派遣法の改悪案。「生涯ハケン、正社員ゼロ」を押し付ける危険性と、“労働者の保護や正社員化につながる”という安倍首相のごまかしが浮き彫りとなりました。

派遣法改悪案の危険性浮き彫り

「しんぶん赤旗」日刊紙2014/10/29付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。