アクション

2014年11月24日

雇用破壊を断念させる審判をー派遣改悪再び廃案


 衆院解散になった臨時国会で、安倍晋三政権が重要法案と位置づけた労働者派遣法改悪案が廃案になりました。6月の通常国会での廃案に続く2度目の廃案です。自民・公明両党は多数の力で強行を狙いましたが、全労連、連合、全労協など組織の違いを超えた労働者の共同の広がりと運動が廃案に追い込みました。大きな成果です。たたかいをさらに広げ、「生涯ハケン」「正社員ゼロ」社会に道を開く労働者派遣法改悪をはじめ安倍政権による雇用破壊を断念させようではありませんか。

20141124主張

「しんぶん赤旗」日刊紙2014/11/24付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。