アクション

2014年11月30日

総選挙公示前、初の党首討論「経済・安保政策で『自共対決』が鮮明に」ネット番組・志位委員長が発言


12月2日公示の総選挙(同14日投票)が迫るなか、与野党8党の党首が29日夜、インターネットの討論番組にそろって出演しました。経済政策や安全保障政策をテーマに論戦。日本共産党の志位和夫委員長は「安倍政権の2年は、あらゆる分野で国民の民意に背く暴走の2年間でした。『暴走ストップ、日本の政治の五つの転換』を訴えてたたかいたい。日本共産党がのびれば、日本の政治は変わります」と強調しました。党首による討論会は、21日の衆院解散後初めて。司会は、ジャーナリストの角谷浩一さんが務めました。

20141130志位ネット

「しんぶん赤旗」日刊紙2014/11/30付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。