アクション

2014年12月29日

大企業の内部留保一部使えば雇用・賃金・景気が改善 国公労連が試算


国公労連は『2015年国民春闘白書』をもとに、大企業の内部留保1%の活用による雇用増と、月額2万円の賃上げをするための内部留保の取り崩し率についての試算をまとめました。それによると、多くの大企業に大幅賃上げを実現できる条件があることがわかります。

20141229国公労連

「しんぶん赤旗」日刊紙2014/12/29付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。

関連記事はこちら。