アクション

2014年12月29日

大企業内部留保、最高の285兆円 月2万円賃上げ可能ー労働総研調べ 実質賃金減、経済に打撃


資本金10億円以上の大企業が保有する内部留保が、前年度からのわずか1年で13兆円積み増し、過去最高の285兆円に達しています(全労連・労働運動総合研究所〔労働総研〕調べ)。実質賃金が17カ月連続で減少するもと、2015年春闘で求められる月2万円などの大幅賃上げを実現する条件は十分あることを示しています。

20141229労働総研

「しんぶん赤旗」日刊紙2014/12/29付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。

関連記事はこちら。