アクション

2015年2月17日

14年の実質GDP成長率0.0% 「アベノミクス」が日本経済成長止めた 消費税増税、金融緩和…庶民生活圧迫


内閣府が16日発表した2014年の国内総生産(GDP、速報値)で、14年の年間を通した実質GDP成長率は0・0%となり、経済成長が止まりました。安倍晋三政権の経済政策である「アベノミクス」が、日本の経済成長を阻害していることが改めて示されました。

20150217GDP④ 20150217山下

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/02/17付(各記事をクリックすると拡大できます)

同記事のインターネット版はこちら。

 「アベノミクス」が日本経済成長止めた

 消費税増税の落ち込み回復できていない

関連記事はこちら

 GDP予想下回る低い伸び

 主張 「アベノミクス」が足引っ張る