アクション

2015年2月21日

派遣法改悪・「残業代ゼロ」 雇用大改悪の根幹突き崩す 〈衆院予算委 志位委員長が基本的質疑〉


人間らしく働く権利を奪う歴史的改悪だ―。日本共産党の志位和夫委員長は20日の衆院予算委員会で、非正規雇用、長時間労働、最低賃金という雇用問題の核心を取り上げました。安倍政権が「岩盤規制」打破の名で進めている労働者派遣法改悪と「残業代ゼロ制度」の導入は、今でも弱い雇用のルールをさらに壊すものだと批判し、雇用大改悪の根幹を完全に突き崩しました。

20150221志位

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/02/21付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。