アクション

2015年2月25日

介護の夜勤実態過酷 2交代が86% 日本医労連が調査


日本医療労働組合連合会(日本医労連)は23日、2014年介護施設夜勤実態調査結果を発表しました。深夜の長時間勤務となる2交代夜勤の施設が86・8%に達し、そのうち約7割で勤務時間が16時間以上となるなど、過酷な夜勤実態であることが明らかになりました。

20150225介護の夜勤実態

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/02/25付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。