春闘

2015年3月20日

大手、ベア満額応じず 春闘集中回答 最高益がトヨタ4000円(要求6000円)


 

労資双方が「経済の好循環」を掲げてたたかわれた2015年春闘。金属大手の各企業が18日に出した回答は、「循環」を止めてしまうひどい回答でした。これでは、国民生活の改善も、内需拡大による景気回復も実現できず、日本経済の先行きに暗雲を広げかねません。

20150319大手ベア4

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/03/19付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。