アクション

2016年3月17日

ベア獲得も低額 春闘集中回答 「経済の好循環」に背


自動車、電機など金属大手の企業が16日、労働組合の2016年春闘要求にいっせいに回答しました。3月期決算の営業利益が過去最高の2・8兆円を見込むトヨタ自動車が、ベースアップ(ベア)を前年(4000円)の半分以下の1500円としたのをはじめ、全体としてほぼ半減のベア回答になりました。

20160317春闘低額20160317春闘集中回答

「しんぶん赤旗」日刊紙2016/03/17付(各々の記事をクリックすれば拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。