アクション

2015年4月9日

平和への一票 共産党へ、自・公・維への一票は戦争への一票


大激戦・大接戦となっている道府県議選・政令市議選(12日投票)で、米国の戦争に自衛隊が参加・支援する「戦争立法」がいよいよ重大争点に浮上しています。投票日翌々日の14日には、自民・公明両党が「戦争立法」の法案原案にもとづく与党協議を再開。「戦争立法ストップの声は共産党へ」の訴えに、党本部にも「いまの安倍政権は本当に怖い。自民党支持だったが、共産党に入れようとまわりにも話している」との声が寄せられています。「自民、公明、維新への一票は『戦争への一票』、共産党への一票は『平和への一票』」という対決構図が鮮明です。

20150409志位

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/04/09付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。