アクション

2015年6月24日

科学・技術の軍事化に警鐘 「軍事研究に動員される可能性」


国立試験研究機関で働く人たちが23日、つくば市内で、「これでいいのか?日本の科学技術政策」をテーマに全国交流集会を開きました。研究者約100人が参加し、安倍自公政権が「戦争法案」の成立を強行しようとしているなか、「本格的な軍事研究にわれわれも動員される可能性がある」「戦争をやらない国づくりを」などの発言が相次ぎました。

20150624科学技術

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/06/24付(クリックで拡大できます)。