アクション

2015年7月22日

東芝不正会計 目先の利益で事実隠蔽 安倍政権のゆがみ象徴


「利益の先取り」「費用・損失の先送り」「事実の隠蔽」。そして「上司に逆らえない企業風土」―。東芝が利益を水増ししていた問題を調査してきた第3者委員会の報告書は、目先の利益確保に目がくらんだ東芝の企業体質を浮き彫りにしました。東芝のトップは、安倍晋三政権の「成長戦略」策定に深く関与していました。国民生活を犠牲にしつつ、大企業に奉仕する安倍政権の経済政策のゆがみの象徴でもあります。

20150722東芝

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/07/22付(クリックで拡大できます)。