アクション

2015年10月19日

アベノミクス2年 海外投資家配当1.7倍 実質賃金はマイナス


大企業は2014年度、過去最高の利益をあげ、内部留保や株主への配当を増やしています。とりわけ外国人株主への配当が国内投資家をはるかに上回り、2年間で1・7倍と、最も増えていることが本紙の調べで分かりました。アベノミクス(安倍晋三政権の経済政策)によって最ももうけたのが、マネーゲームに熱狂する海外投機筋だったことが浮き彫りになりました。

20151018アベノミクス

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/10/18付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。