アクション

2015年12月11日

都教委の「君が代」強制 司法が断罪 高裁も再雇用拒否は違法


東京都立高校の元教員が、「君が代」斉唱時の不起立のみを理由に再雇用を拒否されたことは違憲であり、東京都と都教育委員会の「裁量権の逸脱・濫用(らんよう)」であるとして損害賠償を求めていた訴訟の控訴審の判決で、東京高裁(柴田寛之裁判長)は10日、一審判決を支持して都の控訴を棄却し、再雇用拒否は違法であり、採用された場合の1年間の賃金に相当する賠償(約5370万円)を都に命じました。

20151211君が代

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/12/11付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。