アクション

2015年12月22日

診療報酬 実質1.03%削減 社会保障自然増を5000億円に圧縮


 塩崎恭久厚生労働相と麻生太郎財務相は21日、2016年度予算編成の焦点となっていた社会保障の自然増の削減について、財務省の要求通り、「5000億円程度」に圧縮することを決めました。医療サービスの公定価格である診療報酬を実質1・03%引き下げることなどによって抑制をはかります。

20151222診療報酬-2

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/12/22付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。