アクション

2016年1月15日

公務員の長時間残業追及 島津氏に担当相が改善姿勢 衆院内閣委


日本共産党の島津幸広議員は13日の衆院内閣委員会で、国家公務員の勤務時間が本人の意思に反して各省庁の長に決定されてしまう恐れのあるフレックスタイム制について質問しました。内閣人事局の三輪和夫人事政策統括官は「職員が申告を行わないのに、一方的に割り振りを行うことはできない」と強制しないことを明言しました。

20160115島津

「しんぶん赤旗」日刊紙2016/01/15付(クリックで拡大できます)。