アクション

2016年1月20日

経団連 ベアに消極的 「経労委報告」発表 格差是正を敵視


経団連は19日、2016年春闘の経営側指針である「経営労働政策特別委員会報告」(経労委報告)を発表しました。春闘での基本スタンスを「2015年を上回る『年収ベースの賃金引上げ』について、前向きで踏み込んだ検討が望まれる」と明記。しかし、「収益が拡大した企業」に限定したうえ、月例賃金の引き上げ(ベースアップ=ベア)は選択肢の一つとする消極的な姿勢を示しました。

20160120経労委報告2

「しんぶん赤旗」日刊紙2016/01/20付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。