アクション

2016年3月21日

「最低賃金1500円に」声響く 若者グループ「エキタス」都内で宣伝 「経済でも野党共闘」


エキタスは、最賃が1500円になるとフルタイムで年収270万円程度となり、やっと単身者が自立して生活できると主張しています。ステージからメンバーの男性(26)は、「労働者の4割が非正規雇用で、正社員でも長時間労働で賃金が上がらない。誇りをもって、人間らしく生きられる最低限の賃金を保障すべきだ」と訴えました。

20160321エキタス

「しんぶん赤旗」日刊紙2016/03/21付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。