アクション

2016年3月26日

育ちの場保障すべきだ テレビ番組 田村参院議員が主張


田村氏は、「保育は“子守”ではなく専門職。子どもの人生のスタートの時に、家族とは違うおとなや子どもとのつながりを体験的に学んでいく場」と指摘。「“受け皿”というのはおかしい。育ちの場をどうつくっていくのかという観点が抜けている」と批判し、緊急的には小規模保育も有効だが、庭もある認可保育所を自治体自らつくるべきだと強調しました。

20160326田村智子

「しんぶん赤旗」日刊紙2016/03/26付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。