アクション

2016年3月29日

セブンイレブンの勤務時間切り捨て 政府は実態調べて指導を 参院予算委 辰巳議員の追及


辰巳氏は、コンビニで働くアルバイト学生が、ひどい場合には1時間も勤務時間を過小に計算され、正当な賃金をカットされている実態があると指摘。労働基準法24条が「賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない」と定めていることを示し、勤務時間や残業時間の切り捨ては違法だとただしました。

20160329セブンイレブン

「しんぶん赤旗」日刊紙2016/03/29付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。