アクション

2016年4月2日

大企業も景況感悪化 日銀短観 13年以来の低水準 アベノミクス 三つの破綻明白


日本銀行が1日発表した3月の全国企業短期経済観測調査(短観)によると、企業の景況感を示す業況判断指数(DI)は、大企業、中小企業とも前回の昨年12月調査よりも悪化し、総崩れ状態になりました。大企業製造業は、前回調査を6ポイント下回るプラス6で、2013年6月調査(プラス4)以来の低水準を記録しました。

20160402日銀短観

「しんぶん赤旗」日刊紙2016/04/02付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。