アクション

2016年4月6日

米2州最賃15ドル実現 NY・カリフォルニア 両知事署名


米北東部のニューヨーク、西部カリフォルニアの両州の知事は4日、それぞれの州が独自に規定する最低賃金を時給15ドル(約1670円)まで引き上げる法に署名しました。政府規定の最賃時給7・25ドルの倍以上の額が米国の人口で1位のカリフォルニア、3位のニューヨーク2州で同時に決定しました。全米で拡大し続ける最賃引き上げ運動の大きな成果です。

20160406米最賃

「しんぶん赤旗」日刊紙2016/04/06付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。