アクション

2016年11月20日

電通過労自殺 もう二度と… 長時間労働の法的規制急げ 4野党が法案再提出 罰則規定強化


電通で起こった過労自殺のような悲劇を繰り返さないため、日本共産党、民進党、自由党、社民党の野党4党は、長時間労働規制法案の罰則規定を強化して再提出しました。電通は、東京労働局などから大規模な強制捜査を受けており、徹底究明が必要です。同時に、日本社会にまん延する長時間労働を是正する徹底した対策が求められています。

20161120野党共同20161120野党共同2

「しんぶん赤旗」日刊紙2016/11/20付

同記事のインターネット版はこちら。