アクション

2017年2月15日

残業 月60時間提示 働き方会議 過労死ラインまで可能に


政府の「働き方改革実現会議」(議長=安倍晋三首相)が14日開かれ、残業時間を年720時間(月平均60時間)まで認め、繁忙期には過労死ライン(労災認定基準)まで容認する事務局案が提示されました。労働省告示(大臣告示)で月45時間、年360時間としている残業時間の限度基準を骨抜きにし、過労死ラインまで働かせることに政府がお墨付きを与えるものです。

20170215働き方60時間

「しんぶん赤旗」日刊紙2017/02/15付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。