アクション

2017年4月30日

シリーズ徹底批判「働き方改革」その7


その目的は労働者保護より生産性

「働き方改革」は、「労働生産性と労働参加率の向上」を目的に、「画一的な労働制度」の「壁」を取り除くとして、労働基準法をはじめとする労働法や諸制度を壊そうとしています。

20170427-2

新聞赤旗2017年4月27日記事

画面をクリックすると拡大表示・ダウンロードができます。