アクション

2017年4月26日

シリーズ徹底批判「働き方改革」その6


転職・再就職支援

転職・離職の最大の理由は、政府の調査でも、「給与が少ない」「労働時間、休日など労働条件が悪い」が2割程度、「会社都合」「雇用期間の終了」が3割近くをしめています。

こうした転職・離職を防ぐためには、最低賃金の抜本的な引き上げ、労働時間の短縮、正規雇用の拡大、解雇規制などが求められます。しかし、実行計画にまともな対策は盛り込まれていません。

20170426

新聞赤旗2017年4月26日記事

画面をクリックすると拡大表示・ダウンロードできます。