アクション

2014年7月12日

非常勤職員の待遇改善 さいたま市議会が意見書 共産党が提出


 さいたま市議会は11日、日本共産党が提出した、地方自治体の臨時・非常勤職員の待遇改善の取り組みを国に求める意見書を全会一致で可決しました。

 意見書によると、地方自治体で働く臨時・非常勤職員は、全職員の3人に1人です。その多くが恒常的に業務に従事し、自治体が安定的に行政サービスを提供する上で欠かせない存在になっていますが、低賃金で雇い止めの不安を感じながら働いています。

「しんぶん赤旗」日刊紙、2014年7月12日付。
「しんぶん赤旗」記事(インターネット)はコチラ