アクション

2014年10月1日

労働時間の上限規制を 労働者側が主張


 労働時間制度の見直しを議論している労働政策審議会・労働条件分科会が30日、厚生労働省で開かれ、長時間労働の抑制策、年次有給休暇の取得率向上にむけて議論しました。
 労働者側は「時間外労働の削減にむけて、上限規制を設けるのが最も効果的だ」(UAゼンセン・八野正一副会長)「労働時間の限度基準告示を法律に格上げし、連続11時間の勤務間インターバル規制を導入すべきだ」(JAM・宮本礼一書記長)と主張しました。

労働時間上限規制を20141001

「しんぶん赤旗」日刊紙、2014/10/1付(クリックで拡大できます)
 同記事のインターネット版はコチラ