アクション

2014年10月6日

支払基金の管理職昇格女性差別 労働局均等室が調査 徳島・岡山・兵庫の支部 改善求める声うけ


 女性管理職が少ない要因の一つに、「管理職に昇格するときに原則転勤しなければならない」という事業主の人事政策があると、女性たちが厚生労働省に調査・改善を要請していた問題で、同省の三つの地方労働局雇用均等室が調査に入っていることが2日、明らかになりました。
 女性たちが所属している労働組合の再度の要請に、応対した厚生労働省の担当者が応えたものです。
 女性たちの職場は、47都道府県に支部がある社会保険診療報酬支払基金(支払基金)です。

管理職昇格女性差別20141006

 

「しんぶん赤旗」日刊紙、2014/10/6付(クリックで拡大できます)。