アクション

2015年1月21日

2%以上賃上げ敵視 経団連、経労委報告を発表


経団連は20日、2015年春闘の経営側指針である「経営労働政策委員会報告」(経労委報告)を発表しました。連合が要求する2%以上の賃上げ(ベースアップ=べア)について、消費税率引き上げ分の影響を除く物価上昇率は1%未満で推移しているとして、「納得性が高いとはいえない」と敵視。物価上昇による17カ月連続の実質賃金減少という現実をかえりみない主張を展開しました。

20150121経労委

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/01/21付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。