アクション

2015年2月23日

雇用破壊の2法案 志位質問で論拠総崩れ


安倍内閣が今国会に提出をねらう労働者派遣法案と「残業代ゼロ」法案―。日本共産党の志位和夫委員長が20日に行った衆院予算委員会での基本的質疑で、大改悪の論拠が総崩れとなりました。雇用破壊の改悪法案の提出はきっぱり断念する以外にないことが浮き彫りとなっています。

20150222志位質問

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/02/22付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。

関連記事はこちら。