アクション

2015年6月4日

年金機構 業務委託で違法派遣 衆院厚労委で堀内氏、中止を要求


日本共産党の堀内照文議員は3日の衆院厚生労働委員会で、日本年金機構の個人情報流出問題に関して、同機構が委託した年金データ入力業務で違法派遣が行われていた実態を示し、個人情報を扱う業務の外部委託はやめるべきだと主張しました。塩崎恭久厚労相は、業務委託について「調べていきたい」と答えました。

20150604年金堀内

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/06/04付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。