アクション

2015年6月12日

労働者派遣法 歴史的な大改悪 志位氏 採決強行許されない


志位氏は、維新の党が「同一労働・同一賃金」推進法案の修正協議をする代わりに労働者派遣法の採決に応じることについて、「いわゆる『同一労働・同一賃金』と引き替えに、これだけの大改悪の法案を強行することは許しがたい」と批判。さらに「『同一労働・同一賃金』といいますが、『修正合意』されつつある内容をみると、『均等』および『均衡』待遇という両方の言葉が入っている。『均衡』となれば、バランスをとるということですから、もはや『均等』待遇ではありません。内容的に骨抜きになっていて、まったく道理のたたない対応です」と強調しました。

20150612派遣法歴史的

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/06/12付(クリックで拡大できます)。