アクション

2015年8月28日

工場労働者に“極限の成果主義” トヨタ 労組に導入提案 働きぶり毎月査定、月給最大2万5千円差


毎月評価し、毎月賃金が変わる―トヨタ自動車が、技能職(工場労働者)に、他の大企業では例のないような成果主義賃金を導入しようとしています。最大で2万5000円もの差がつきます。連合加盟のトヨタ労組は28日の評議会で採決するとしています。

20150828トヨタ

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/08/28付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。

関連記事はこちら。