アクション

2015年9月12日

最賃15ドル 正式承認 米NY州 ファストフード業界


米ニューヨーク州のクオモ知事は10日、同州のファストフード労働者の最低賃金を時給15ドル(約1811円)へ引き上げるとした諮問委員会の決定について、州労働当局が正式に承認したと明らかにしました。ニューヨーク市内で開かれた集会で語りました。米メディアによると、ファストフード業界に限定しているとはいえ、米国で州の最低賃金を15ドルに定めるのは同州が初めてです。

20150912NY最賃

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/09/12付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。