アクション

2016年4月7日

低賃金・違法労働 拡大 外国人技能実習法案ただす 衆院委で畑野氏


外国人技能実習制度では違法な働かせ方や人権侵害が問題になっています。法案は、実習生保護などを目的にうたう機構を創設する一方、実習可能期間の3年から5年への延長や対象職種の拡大などで、実態として低賃金・単純労働者の受け入れ手段となってきた制度の深刻な問題を拡大する内容です。

20160407畑野君枝

「しんぶん赤旗」日刊紙2016/04/07付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。