アクション

2016年4月8日

保育士の子優先的に 待機児童問題 宮本徹氏が要求


 宮本氏は、都内の保育園長らからの聞き取りを紹介しながら、国が「保育士のこどもの優先利用」の事務連絡を自治体宛てにだしたにもかかわらず、保育士のこどもが待機児童になり、職場にもどれず育休を延長になった人が相当な数にのぼると指摘。「保育士確保が大事なときに、このまま育休の期限がきて職場にもどれなくなる」と述べ、「早急に実態調査をおこない、保育士が職場にもどれるよう対策をとる」ことが必要だと強調しました。

20160408宮本保育士

「しんぶん赤旗」日刊紙2016/04/08付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。