アクション

2016年5月17日

実習指導にも外国人 清水氏 介護在留資格拡大を批判


日本共産党の清水忠史議員は11日の衆院法務委員会で、政府が外国人技能実習法案・入管法改定案で、外国人介護人材を大幅に拡大しようとしていることについて「今の劣悪な介護現場の労働環境を固定化、拡大するものだ」と批判しました。

20160517外国人清水

「しんぶん赤旗」日刊紙2016/05/17付(クリックで拡大できます)。