アクション

2017年6月5日

企画業務型裁量労働制届け出が激増


日本共産党の小池晃参議院議員が、東京労働局に対して「企画業務型裁量労働」に関する情報開示請求を行ったところ、2006年からの10年間で、企画業務を対象とした裁量労働制を導入する届け出件数で1.5倍、半年ごとに義務付けられている報告件数では1.67倍と大幅に増加していることが分かりました。

20170602

新聞赤旗2017年6月2日記事

画面をクリックすると拡大表示・ダウンロードできます。