アクション

2015年3月2日

「残業代ゼロ」審議やり直し求める 全労連が意見書提出


意見書は使用者側の主張に過度に肩入れした構造だ、と批判し、労政審に差し戻し、公労使3者で徹底した審議をするよう要求。「労働時間規制の適用除外の導入」などを撤回し、時間外労働の量的上限規制などをはかるよう求めています。

20150302労働法制全労連

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/03/02付(クリックで拡大できます)。

関連記事はこちら

 労基法改悪要綱を提出 厚労省「残業代ゼロ」導入狙う

 派遣法改悪・「残業代ゼロ」 雇用大改悪の根幹突き崩す 〈衆院予算委 志位委員長が基本的質疑〉