アクション

2015年4月6日

米国で拡大 最低賃金の引き上げ 背景に地域運動、1%の富裕層への怒り


米国の14州は昨年、最低賃金引き上げ運動の拡大に後押しされ、政府規定の時給7.25㌦(約870円)よりも高い時給を定めました。複数の都市では時給15㌦(約1800円)に引き上げを決定。劇的な運動の広がりとその勝利に背景について、ニューヨーク市立大学のステファニー・ルース准教授に聞きました。

20150406米最賃

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/04/06付(クリックで拡大できます)。