アクション

2015年5月21日

派遣「みなし雇用」つぶし 厚労省 5種類文書で工作 派遣法改悪案撤回せよ 衆院委で高橋議員要求


厚労省が、違法派遣に対する「労働契約申し込みみなし制度(派遣労働者の直接雇用)」の施行前に派遣法改悪案を成立させるよう与党側に工作していた問題で、同省は、5種類もの内部文書を作って工作していたことを20日の衆院厚生労働委員会で明らかにしました。日本共産党の高橋千鶴子衆院議員は「相手によって使い分けていた。国会審議を形骸化するものだ。法案は撤回して審議をやり直すべきだ」と求めました。

20150521みなし高橋

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/05/21付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。

関連記事はこちら。