アクション

2015年8月28日

保育士配置基準 緩和の動き 朝夕1人・無資格も容認 厚労省 なし崩しで政策転換


厚労省は“保育士不足”を口実に保育士配置基準を緩和する動きを強めています。4月から「保育士確保が難しい地域」で、朝夕の子どもが「少数である時間帯」に保育士を現行の2人から1人にすることを認める事務連絡が厚労省から出ました。

20150821保育士

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/08/21付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。