アクション

2015年7月2日

最賃「全国1000円以上」へ行動 「生活守れない」 「低処遇で人手不足」 中賃審の議論始まる


毎年の最低賃金の引き上げ額を話し合う厚生労働相の諮問機関、中央最低賃金審議会(中賃審)の議論が1日、スタートしました。会場の厚労省前では、全労連、国民春闘共闘委員会が、全国一律最賃制の確立、時給1000円以上の早期実現を求めて行動しました。

20150702最賃

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/07/02付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。