アクション

2015年8月26日

派遣賃金 年50万減 小池氏「均等待遇の実現を」


日本共産党の小池晃議員は18日の参院厚生労働委員会で、派遣労働者の賃金が低下していると告発し、派遣先正社員との均等待遇の実現を求めました。

 派遣労働ネットワークのアンケート調査によると、派遣労働者の時給は全国平均で2001年の1465円から13年に1179円へと286円、約20%も低下しています。小池氏は「年間50万円を超すダウンだ。もともと低い上に異常な賃金低下で生活が成り立たない」と指摘しました。

20150819派遣賃金

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/08/19付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。